脇脱毛はほくろがあると受けられませんか?

光脱毛はほくろがある方は苦手

脱毛サロンでは光脱毛を採用しているところが多いです。光脱毛ではむだ毛の毛根にあるメラニンに光を吸収させて高温によって脱毛しています。お肌は通して毛根だけに光を吸収させられますので安心安全です。しかしほくろがあるとほくろにあるメラニンに光が吸収されてしまいます。ヤケドの恐れが高まるので受けられないことがありますが、そんなほくろがある方でも受けられる脱毛法があります。

ハイパースキン脱毛なら大丈夫

それはハイパースキン脱毛と言う脱毛法です。この脱毛法では光脱毛のように高温によって脱毛しているのではなく、体感温度の低い特殊な光によって脱毛しています。このためほくろがあってもヤケドの心配があまり無いです。
なぜ高温が必要ないのかその理由は発毛因子に光を作用させているからです。むだ毛は毛乳頭細胞が毛母細胞に指令を出し、毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで伸びていきますが、ハイパースキン脱毛では発毛因子の発毛力を抑えているのであまり高温は必要ないのです。体感温度的にも体温と殆ど同じ36度から38度ほどなので熱く感じないです。

満足できるまでむだ毛がきれいに

近頃の医療レーザー脱毛では永久脱毛と言う表現は使用されていないです。それは永久に再生してこないのか立証するのが難しいからです。そのため永久減耗と言う表現が使用されています。
光脱毛や医療レーザー脱毛より高温を必要としないハイパースキン脱毛だと効果が不安になるでしょうが、ハイパースキン脱毛では発毛がかなり少なくなり自己処理不要になるレベルまで脱毛できると言われています。
脇をカミソリで何度も剃っていると肌荒れしたり、肌が赤くなったり、色素沈着を起こすことがありますが自己処理不要になればそんなトラブルからも解放されます。受けられる脱毛サロンにもよりますが満足できるまでむだ毛がきれいになることが多いです。

お肌のハリまで期待できる

ハイパースキン脱毛はさらにお肌のハリまで期待できると言うメリットがあります。それは照射されている特殊な光にはコラーゲンの生成をサポートする働きがあるからです。カミソリによる自己処理でトラブルが起きたお肌もきれいになることが期待できます。

Read More

脇脱毛すると多汗症がひどくなりますか?

脇脱毛すると汗が多くなったと感じる?

脇脱毛しても多汗症がひどくなることは無いです。脇脱毛後に汗が多くなったと感じる方がよく見られますが、それは脇のむだ毛がきれいになったことが原因です。脇のむだ毛があるより無い方が汗が流れやすくなり、その結果汗が多くなったと感じやすくなるのです。汗の量じたいは変わりませんので大丈夫です。
もともと多汗症だった人が脇脱毛すると、脇のむだ毛が無くなることで症状が悪くなったように感じてしまいます。実際には症状が悪くなったわけではありませんが、あまり気持ちのいいものでは無いです。

脇には2種類の汗腺がある

脇にはエクリン腺とアポクリン線の2種類の汗腺があります。エクリン腺から出ている汗は99%は水分です。脇だけじゃなく全身に見られ、本来は上がり過ぎた体温を調節するための機能です。しかし多汗症になると過度なストレスなど何らかの原因で大量に汗が出てしまいます。
アポクリン線から出ている汗は細菌などによって分解されると特有の臭いが発生します。脇の多汗症ではエクリン腺とアポクリン線の両方が原因になっていることが多いです。そのため多汗症とワキガと両方合併している方がよく見られます。デオドラント剤や汗取りシート、汗取りパッドなどで汗対策ができますがある程度までです。

医療レーザー脱毛が受けられるクリニックへ

多汗症やワキガが気になる方は脱毛サロンよりも医療レーザー脱毛が受けられるクリニックがおすすめです。アポクリン腺は毛穴に沿って存在していることが多く、軽度なワキガであれば医療レーザー脱毛を受けることである程度改善が期待できるからです。その代わりに通常より照射回数が多くなります。
多汗症の治療にはよくボトックス注入と言う方法が用いられています。ボツリヌス菌が作り出すボツリヌストキシンから毒素を抜いて注入しています。このボツリヌストキシンには発汗を抑える作用があります。手術では無いので手軽に受けられますが4か月から半年くらいと持続期間があります。
脇のむだ毛に加えて多汗症やワキガでお悩みの方はクリニックで一度相談してみると良いです。

Read More

脇脱毛をすると色素沈着してしまう?

脇のいや~な色素沈着の仕組み

脇を脱毛すると色素沈着してしまうわけではありません。適切でない脱毛処理をすることによって色素沈着は引き起こされるのです。

まず、皮膚の奥底にあるメラノサイトと呼ばれる細胞がメラニン色素を生成することで黒ずみは起こります。そしてこのメラニンは、紫外線であったり、衣服のこすれなどによる肌への刺激が要因となって発生します。脇は人体の中でも特に皮膚が弱い部分で、家庭での脱毛処理で十分な刺激になってしまいます。なので、家庭で自己処理する場合には、なるべくその回数を減らしていくことが無難です。
 
 

脇の色素沈着、どうすれば治る?

だからっと言って、脇の脱毛を怠る訳にもいかない場合があります。夏場の水着姿、ノースリーブの着用など、腋毛の処理が欠かせない衣服を着る機会になる度に頭を抱えることになってしまいます。そこで、脇毛の色素沈着に関するポイントをいくつかお記しします。
 

1.肌のターンオーバー(新陳代謝)を促す

人間の肌は約1か月のサイクルで新しい皮膚に生まれ変わります。しかし生活習慣や食生活が乱れていると、このターンオーバーが正常に行われなくなってしまいます。そこで、夜更かしせずに早めに就寝し、ターンオーバーを促進させるビタミン類を日ごろから習慣づけて摂取していきましょう。

2.ビタミンCを摂取する

ビタミンCは美白効果がありますが、色素沈着にも効果があります。ビタミンCを含む食物にはアセロラ、柿、イチゴ、キウイ、柑橘類などが挙げられます。

ただしビタミンCは水溶性ビタミンに属するので、摂取するタイミングには注意が必要です。過剰に摂取してもすぐ体外に排出されてしまうので、朝と昼に分けるなど配分を決めて食べると良いとされています。

3.脱毛処理後のケア

脇を脱毛して、その後の何をするかで黒ずみの生成を抑えることが出来ます。処理後は皮膚が乾燥しやすいので保湿クリームを塗るのを怠らないようにしましょう。皮膚の乾燥もまたターンオーバーを乱す原因となり、黒ずみが肌内部に残ったままになってしまします。

4.最終手段・クリニックでレーザートーニング治療を受ける

上記の3点は日頃の地道な努力が必要で、当然即効性はありませんし、場合によってはいつまでたっても改善されないことがあります。そこで、費用はかってしまいますが確実な方法として「レーザートーニング」をお勧めします。

非常に弱いレーザーで肌内部のメラニン色素を破壊してくれるので、肌が荒れやすい体質の方にも合った治療法です。

Read More