脇脱毛すると多汗症がひどくなりますか?

脇脱毛すると汗が多くなったと感じる?

脇脱毛しても多汗症がひどくなることは無いです。脇脱毛後に汗が多くなったと感じる方がよく見られますが、それは脇のむだ毛がきれいになったことが原因です。脇のむだ毛があるより無い方が汗が流れやすくなり、その結果汗が多くなったと感じやすくなるのです。汗の量じたいは変わりませんので大丈夫です。
もともと多汗症だった人が脇脱毛すると、脇のむだ毛が無くなることで症状が悪くなったように感じてしまいます。実際には症状が悪くなったわけではありませんが、あまり気持ちのいいものでは無いです。

脇には2種類の汗腺がある

脇にはエクリン腺とアポクリン線の2種類の汗腺があります。エクリン腺から出ている汗は99%は水分です。脇だけじゃなく全身に見られ、本来は上がり過ぎた体温を調節するための機能です。しかし多汗症になると過度なストレスなど何らかの原因で大量に汗が出てしまいます。
アポクリン線から出ている汗は細菌などによって分解されると特有の臭いが発生します。脇の多汗症ではエクリン腺とアポクリン線の両方が原因になっていることが多いです。そのため多汗症とワキガと両方合併している方がよく見られます。デオドラント剤や汗取りシート、汗取りパッドなどで汗対策ができますがある程度までです。

医療レーザー脱毛が受けられるクリニックへ

多汗症やワキガが気になる方は脱毛サロンよりも医療レーザー脱毛が受けられるクリニックがおすすめです。アポクリン腺は毛穴に沿って存在していることが多く、軽度なワキガであれば医療レーザー脱毛を受けることである程度改善が期待できるからです。その代わりに通常より照射回数が多くなります。
多汗症の治療にはよくボトックス注入と言う方法が用いられています。ボツリヌス菌が作り出すボツリヌストキシンから毒素を抜いて注入しています。このボツリヌストキシンには発汗を抑える作用があります。手術では無いので手軽に受けられますが4か月から半年くらいと持続期間があります。
脇のむだ毛に加えて多汗症やワキガでお悩みの方はクリニックで一度相談してみると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)